京大生のための時間割作成のコツをお教えします

新入生になった皆さんが京大に入ってまず初めに戸惑うこと、それは時間割作成!!

そんな新入生に向けて京大生4回生の僕が色々アドバイスさせてください!

本記事の概要
この記事では、京大の授業の時間割を作成する上での注意点やアドバイスを詰め込みました。
具体的には、
時間割作成に関する基礎知識、正しい組み方
楽単情報をどうやって手に入れるか
をお話ししていきます。

正しい科目選びのコツはシラバスをよく見ること

時間割は基本的にKULASISで作成します。
まずはKULASISにログインしてください
その際ECS-IDが必要となります。

次に履修登録というボタンを押してください。

そしてシラバスで全学共通科目(いわゆるパンキョー)の授業内容を調べます。
シラバスは以下のような情報が載っています。

開講期

前期/後期の半期(4-7月/10-1月)と通年(4-1月)の科目があります。通年と言って、前期後期の1年間に渡る科目もあり、そういう科目は後期末に成績が出ます。

色々な分類があります。
具体的には人社自然外国語情報健康キャリア統合があります。学部学科によって必要単位数があるので要注意です!(例:人社8単位以上)

注意!人気科目は抽選がある

楽単として知れ渡っているものは人気となり、人数オーバーする場合があります。その場合は抽選によって決めたり、中には初回の授業でアンケートを取ってその内容で決めるものもあります。(僕が経験したのは、授業に対する意気込みを書くというもの。その意気込み度合いを見て人員を絞られました。)

抽選ならばkulasisから応募することができます。。
そして普通に外れるので、外れた時にとる予備の講義も調べておくと安心です。

曜日と時限の設定のコツ

曜日や時限は非常に重要です。

曜時限で僕が言えるアドバイスは主に4つあります。

課外活動との兼ね合い

もし部活やサークルその他課外活動を考えているならば、その活動時間と被らないように調整する必要があります。

なるべく1限は入れない

特に自宅生の人は1限に来るのがしんどい場合が考えられます。
最初にうちは時間通り1限に出席できても、段々と遅刻する可能性もあります。

どうしても受けたい講義が1限にあるのなら仕方ないですが、他の時限に同じ授業または似たような授業が2〜5限にあるのならば、そちらを履修することをおすすめします。

くぼっち
俺は絶対遅刻せんぞ〜と思ってる学生!これが案外やってしまうんだな!!笑

できるだけ空きコマがないようにする

空きコマとは、例えば2限と4限に授業が入っているときの3限のことを指します。

空きコマの時間に予習したり友達とおしゃべりしたり食堂でご飯を食べても良いですが、暇を持て余すことも多いです。

ですので、できるだけ空きコマが無いよう授業を詰めて登録した方がベターです。

くぼっち
その日は1限と5限だけ授業が入ってるとか最悪です。
大学生
もしその日の授業が3限と4限だけならば、早起きしなくても良いし、早く帰れるしサイコーだね

通学する曜日を分散させない

可能であればの話ですが、授業は決まった曜日に集約して、全く授業の無い日を作ることをおすすめします。

この全く授業の無い日を”全休“と呼ぶので覚えておきましょう。

全休の日には一日中遊んだり読書できたり自分の自由な時間が過ごせます。

1回生のうちは授業をたくさん入れる学生が多いので全休は発生しないかもしれません。
しかし優秀な学生は2、3回生で超暇になるので全休が週4日あるなんてことも起こり得るのです。

成績評価の方法を確認しよう

自分の興味と授業内容を照らし合わせるのも大事だけど、成績評価の方法も重要です!

成績点は0〜100点で採点され、60点を越えれば単位認定です。
京大の授業は成績評価の観点から言うと、大きく3つに科目を分類することができます。

1:出席点重視型

これは成績評価が出席数やレポート課題、授業で行われる小テストでほぼ決まるタイプです。

特に全学共通科目(般教)の外国語科目でよく見られる傾向です。

とにかく出席していれば単位がもらえるので、行くしかないです。

2:出席+テスト型

成績評価の割合が出席:テスト=3:7や2:8のように両者ともに重要になる科目です。

一見テストでめちゃめちゃ良い点数を取れれば、出席しなくてもイケそうと思うかもしれませんが、それは危険です。
なぜなら出席しなければ試験の重要な情報が得られなかったり、知識が定着しないからです。

だからこれも出席するべきだし、出席した方が期末テストの点数も上がります。

3:期末テスト1発勝負型

たまに「期末テストの点数が全て!」の科目があります。

こういうタイプは過去問を手に入れて直前に必死に勉強すれば取れてしまうことがあるので、コスパが良いです。

以上3種類のタイプがあります。

毎日遅刻せずに通学できる自信のある方はどのタイプでも良いと思います。

しかし授業にあまり出たくない、という意識の低い方なら期末テスト1発勝負型の授業を取ってみてはいかがでしょうか?

とはいえテスト前は結構大変な思いをすると予想されるのでそのつもりでいましょう。

楽単情報を知る方法

おそらく新入生が知りたいことの中でトップクラスに知りたいことって”楽単情報“ではないでしょうか?

ここからどうやって楽単情報を得るかをお教えします。

ChotBetter(チョベタ)をゲット

ChotBetter(ちょっとベター、皆チョベタと呼ぶ)は京大新入生向けの雑誌で、キャンパス内を歩いているとたまにもらえます。

これ新入生にとってものすごく重要な情報源なんです!

なぜならチョベタには、楽単情報が載っているから。楽単だけでなく、面白い授業やスパルタ科目も載っています。

下のリンクはChotBetterさんのサイトです。過去のものは閲覧できますよ。
ChotBetter

もし生の雑誌を手に入れたいならキャンパス内をうろうろと歩いてみましょう!
吉田南でよく配られています。特に吉田食堂前とかは多いイメージ!

新歓先や知り合いの先輩に聞く

シンプルな手法ですが、威力抜群です。

京大の先輩は単位を取るために様々な創意工夫をしてきました。
楽単科目はたくさん知っていることでしょう。

部活やサークルに入れば、そこでの先輩に聞いてみると良いです。もしかしたら教科書を貸してくれたり、レポートや過去問を見せてもらえるかもしれません。

またサークルの新歓に誘われた時に楽単情報って話のネタになるんです。

くぼっち
新歓で知らない人と話す話題に困ったら「楽単科目教えてください」と言ってみましょう

僕も皆さんの力になれればとツイッターで質問を受け付けています。
どんな質問でもいいので気軽にお問い合わせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時間割確定は4月下旬で、それまでは修正可能なので、吟味する時間はあります。本当にこれで合ってるのか不安に思うことがあるかもしれないが、KULASISや配布資料をじっくり読んでがんばってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です