高校で定期テストずっと1位だった現京大生が語る6つの極意

今回は高校で定期テストずっと1位だった今は京大生であるMさんにインタビューしました。

定期テストで1位を取る極意。
定期テストを迎える高校生にアドバイス。
などなど色々お話ししていこうと思います。

ではMさんよろしくお願いします。

Mさん
今回の記事を担当するMと申します。よろしくお願いします。

最初に前置き

定期テストは勉強しなくていい!!とか絶対勉強するべきだ!!とか白黒つけるものではないと思います。

しかし事実として、こういう論理関係を言いたいです。

勉強科目の実力があれば定期テストは良い点数が取れる。

だから簡略化すれば $ 実力 \Longrightarrow 定期テスト $

しかし$ 定期テスト \Longrightarrow 実力 $ではありません。

Mさん
つまり実力は十分条件であり、定期テストは必要条件です。

これを勘違いしないでください。私は定期テストの順位は1位をキープしていましたが、模試になると順位が下がっていました。だから定期テストを深く追求するのでなく、受験も見据え、適度に勉強することをアドバイスとして伝えたいです。

この事を踏まえた上で1位を取るための極意を紹介していきます!!

 

1位を取るための6つの極意

授業を聞く

Mさん
まずは当たり前ですが、授業をちゃんと聞きましょう。
テストは授業でやった内容しか出ません!!

テスト前だけ一気に詰め込んで勉強するのは自分の理解力に頼った勉強だと言えます。そうではなくしっかり先生という他者のわかりやすい説明を聞いて勉強した方が言いに決まってます。

たとえ「わかりづらい、説明がひどい先生」でも、授業中はその授業の内容の勉強をしましょう。

テスト前は焦ります。この焦った気持ちで初見の内容の勉強をすることは非常に危険。

テスト勉強が常に2回目、3回目の復習になるようにしましょうね。

ノートを取る

Mさん
これも当たり前だけど、ノートを取りましょう。

というか高校生はみんなノート取るよね?取らない人いないよね?笑

テスト勉強の一番の資源がこのノートです。これがないとテスト勉強出来ません、だからしっかり作りましょう。

アドバイスは、教科書には書いてない内容を盛り込ませること。先生の話もしっかりメモしましょう。また右端にメモ欄を作るといいかも。綺麗にまとめることはあまり意識しなくて良いです。なぜなら一番綺麗にまとまってる教科書がもう存在しているから。教科書にはない補足事項や先生がテストに出しそうなところを書いて、できるだけ多くの情報を保持できるようにしましょう!

 

教科書を丸暗記したり、配られたプリントを覚える

Mさん
「定期テスト」と「センター試験、二次試験」の大きな違いは出題範囲です。

「センター試験、二次試験」は高校で習ったこと全般です。

対して「定期テスト」は教科書のP12~P34といった風に、出題範囲がとても狭いです。

だから教科書を丸暗記することが定期テストの勉強で一番点数に繋がります。

また配布プリントを出題範囲に加える先生もいます。その場合もプリントを丸暗記します。

まあこれがめんどくさいんだけどね、、、

Mさん
でも「教科書、プリントを丸暗記するだけで簡単に点が取れるんだ!!」というマインドセットで望めばいけそうな気がしませんか?

先生ごとの特徴を掴む

Mさん
これは非常に大事。

テストにはある程度傾向があります。

あの先生はこういう問題を出す。私の高校はこういう形式のテストが多い。

とまず傾向を掴みましょう。

そうすれば勉強量を削減することが出来ます。

「あの先生は授業でやった問題が丸々そのままで出る」のであれば、授業ノートを見返して授業でやった問題が解けるようになりさえすればいいのです。

納得せんでも無理やり詰め込んで暗記

例えば、私のクラスの英語のテストは、教科書で習った英文がそのまま出て、穴埋めで前置詞や動詞の形が問われる

この例の場合、教科書を何回か音読しておけば1発で解けます。

しかしあなたの英語力はあまり上がっていないでしょう。

このようにテクニックを使えば定期テストの点はあげられる。定期テストはそういうものです。

2週間前から始める

くぼっち
始めるの早くない?笑
Mさん
良い順位を取ることにこだわっていた私は、2週間前からテスト勉強していました。

だいたいの高校生は1週間前から始めます。

けれど早く始めておいて損はないし、1週間前だと結局時間が足りなくなってしまうことがあるので余裕を持って勉強していました。

定期テストは科目が多いです。そして定期テストの順位は全科目の総合点です。どれかが良くても、どれかが足を引っ張れば、良い順位は取れません。

定期テストは勉強すれば割と満点近くが狙えます。

逆に全然勉強しなければひどい点数を取ってしまいます。

 

このひどい点数を取ることだけは避けましょう。赤点にも繋がるので。

だから余裕を持って全ての科目を満遍なく勉強するのです。まあ高い順位を目指していればの話ですが、、

定期テストのメリット

みんなからちやほやされる、担任や親に褒められる

いわば承認欲求が満たされます。

でも承認欲求って大事ですよね。

Mさん
「すごいね」「どうやったら1位になれるの?」って聞かれたら嬉しいもんね。

学生って人間関係がすごい重要だし、賢いってイメージがあるだけで個性が出るし、話題が増えます。

 

定期テストのデメリット

受験と直結しない無駄なテストが多い

定期テストの大大大デメリットです。

しっかり受験に繋がるように定期テストの勉強をすれば問題ありません。しかし英文を短期記憶で丸暗記するなど、実力が身につかない楽なやり方でも点が取れてしまうことがあります。ってか多い!!

Mさん
楽なやり方があるんだったらそれをやっちゃうよね?

 

いくら裏技的に定期テストで高得点を取っても、大学受験では活かせなければ意味のない行動だったというわけです。ここら辺のバランスは自分でよく考えて欲しいです。

だから欲を言えば、定期テストが大学受験の勉強も兼ねるよう自分の勉強方法を正していただきたいです。

なんでそんなに勉強してたん?

一回いい順位を取ってしまったから、
「もう順位落としたくない」
と思うようになりました。

順位を落としたら友人に「〇〇ちゃんどうしたの?」とかテスト返しの時先生が返すときに「今回どーした?」って言われるのがすごい嫌でした。

 

Mさん
だから定期テストは順位を落とすのをビビりながら勉強していました。

今思えば変なプライドだったなーと思います。

どうでしたか?
以上で定期テストのお話しは終わりです。

最終的には自分の判断でテスト勉強とどう向き合うかを決めてください。そして定期テストを頑張ると決めたなら、とことん頑張りましょう。必ず結果が付いてきます。

ぜひ参考にしてくださいね。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です