【TOEIC】800点突破講座Part2〜金のフレーズ編〜

どうもー、京大生ブロガーのくーちんです。

前回のPart1で、 TOEICの対策は

①金のフレーズを買う

②先読みの訓練

③リーディングパートの時間配分の意識

とりあえずこの3つさえやればいいとお伝えしました。

今回は①金のフレーズを買う です。


TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

  • 作者: TEX加藤
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/01/06
  • メディア: 新書

僕がなぜ金のフレーズをお勧めするのか、

金のフレーズのどこが良いのか

このあたりを伝えていこうと思います。

そもそも単語の学習は必要か?

この問いに答えます。

必ず必要です。

TOEICの勉強をすると決意したらまず最初にやってほしいです。

理由は簡単で、

TOEICによく出る単語があるからです。

TOEICにしか出ないような単語があるからです。

具体例を挙げると、

available,regularly,appliance,executeなどです。

brochure(パンフレット),itinerary(旅程),wheelbarrow(手押し車)も頻出単語ですが、多くの人は初めて聞く単語だと思います。

言っておきますが、めっちゃ出ますよ!!

だからこういう単語を知ってるか知ってないかの差は

非常に重要です。

金のフレーズをやっている人やTOEIC経験者はこれらの単語を当たり前に知っています。だから700点や800点が取れるのです。

逆に言えば、TOEIC対策用の単語帳を1冊仕上げるだけで点数は結構上がります。コスパ良すぎー!!って思います。

なぜ金のフレーズなのか?

いい意味で単語数が少ない

金のフレーズは全部で1000単語収録されています

これは多すぎず、少なすぎずと言える量です。

たまに5000語!!3000語!!

も収録された、分厚い分厚い単語帳ありますよね??

絶対続かないです

もちろん続けられる人はいるのでしょうが、、

TOEICの勉強は基本つまらないので、

ちょっとでも続けられるような努力や工夫をしましょう。

単語数は少ないけど、頻出の1000語です!

「これ金のフレーズに出た!!!」

と某通信教育の会社に近い現象が起こります。

単語数の多い本はマニアックな単語も含まれていてコスパが良くありません。

コンパクトでどこでも開ける

金のフレーズは、特急シリーズと呼ばれるものの1つの本です。

特急シリーズは新書と同じサイズですので、

持ち運びが楽です。

どこでも開けます。

頑張ったらポケットにも入ります笑。

僕はポケットに入れてました笑。

そして隙間時間が見つかるたびに開けます。

信号の待ち時間

電車の中

バイトの休憩中

人間にはたくさんのスキマ時間があるので、

スマホなんかやめて金のフレーズですよ笑。

結論:

金のフレーズの良いところは、

良く出る

続けやすい

コンパクト

でした。

他の単語帳たくさんありますが、意外とこの3つを満たしているものって少ないんですよね。

挙げるとすれば、

やたらと出る英単語 クイックマスター

もお勧めです。

【新形式問題対応/音声DL・赤シート付】 TOEIC(R)テストやたらと出る英単語クイックマスター (TTTスーパー講師シリーズ)

  • 作者: テッド寺倉,上原ちとせ
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2013/10/28
  • メディア: 新書

単語帳は何回も何回も見ることが大事です。

じーっと見つめる、紙に書いて覚えるという行為は

やらない方がいいです。

時間がかかります。

1つの時間にかける時間は、2.3秒でいいです。

それを何回も何回もやれば次第に覚えられます。

すぐに意味がわかるようになるまで、単語帳を見てください。

これだけで点数めっちゃ上がるから本当にびっくりしますよ。

でもこれだけでは不完全です。

次は、TOEIC対策の主役「先読み」です。

これはもうドーピングやろ、、、

こんなんずるいって、、、って思うくらいのテクニックです。

でも先読みしてはいけないルールなど無いので

やるしかありませんね!絶対やりましょう先読み

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です