【TOEIC】800点突破講座Part1〜全体像を掴む〜

この記事で伝えたいのは、

①対策力の重要性、対策の仕方

②800はそれほど難しくない

この2点です。

今回はTOEICに関する記事です。

初めて受けたTOEICの点数は650点でした。

京大生の平均点が700点前後らしいので、ちょっとアホ笑。

これでもセンター試験では190点超えてましたよ!!

その後すぐに受けたTOEICは695点でした。

自分流で勉強していたのもあって全然上がりませんでした。

自分に過信するのはやめよう!

と思ってとにかくネットでTOEICの勉強法を調べまくりました。

そしてTOEIC特有の対策をしました。

すると3回目に受けたTOEICでは

830点を取ることが出来ました。

f:id:kuutin:20180817220341p:plain

①対策力の重要性、対策の仕方

英語の試験は英語力と対策力に分かれます。

英語力はもちろん必要です。

950とか990を取るには、高度な英語力が必要になってきます。

しかも950を超えてもTOEICはリーディングとリスニングなので、

スピーキングが出来ない人もいる。そんな世界です。

800を取るには、そこまで高いレベルの英語力はいりません。基礎レベルで充分です。

*センター試験を経験してる方は多いと思います。基礎レベルとはセンター試験で160点を取るレベルだと個人的には思っています。

センター試験で160点を取ることができる人は結構多いでしょう。ということはほとんどの人は後は対策力をつければ、800は難しくない。

僕はそういう見解です。

TOEICで高得点が取れない人が多いのは、

①情報不足

②やる気がない

この2つが原因です。

やれば出来る、YDKです。

情報不足と言っても今はネットで調べればいくらでも出てきます。

僕的には

①金のフレーズを買う

②先読みの訓練

③リーディングパートの時間配分の意識

この3つさえやればいいと思ってます。

それぞれの勉強の仕方についてはまた今度記事を書こうと思います。

とにかくたくさんの対策方法がありますが、

特にリスニングの先読みは最強です。

これをやらないのはバカだと言いたくなるくらい

やらなきゃ損、絶対やれって話です。

もはや情報は有り余るので、色々な情報に釣られないようにしましょう。

②800はそれほど難しくない

600点後半をさまよっていた時、

「いつか良い点取れるようになったら良いな〜」

とだらだら勉強していました。

TOEICの勉強はつまらないことが多いです。

だから目標を決めて短期集中です

長期目標は失敗する可能性が高いです。

短期です。

1ヶ月なら1ヶ月と決めて、一気に駆け抜けます。

僕の場合、まず対策を1日かけて調べまくりました。

当時は12月30日頃でした。

そしてお正月はひたすらTOEICの勉強。

初詣や福袋に全く興味がなかったので、家にこもってTOEICの勉強。

(日本人としてどうかとは思いますが笑)

1月前半はTOEICに集中しよう。

シングルタスク、シングルタスク、、、、

と自分に言い聞かせていました。

そして1月28日の試験の結果は830点

前回と比べて、135点上がりました。

要は1ヶ月あれば100点あげるのは可能ということです。

だから安心してください。

半年、1年と長期的に目標を立てる必要はありません。

以上で800点突破の全体像を書きました。

900点を取るのはまた別の話ですし、

僕自身900を目指して失敗しています。

でも800は簡単だなあと感じました。

就活でTOEICの点数を参考にする企業があります。

800点は結構有利になると思われるので、今から短期的に集中して

取り組んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です