バイトのすすめ 塾のチューター編

「大学生のバイトといえば家庭教師」という感じがありますが、塾のチューターバイトもなかなかおすすめです!!

チューターバイトとしての僕の経験を基にしていますが、一応他の予備校の情報もリサーチして書きました。では順に見ていきましょう。

チューターバイトと塾講師、家庭教師の違い

まず、チューターバイトとはどのようなものか。家庭教師や塾講師と比較して確認しましょう!

大雑把に言えば、

家庭教師、塾講師 → 授業をして勉強を教える

チューター    →生徒の受験勉強のサポート

f:id:kuutin:20180725210729p:plain

この場合、生徒はプロの講師の授業を受けたり、映像授業を見たりして各自で勉強します。

その時に分からないことがあった生徒の質問を聞いて解決するのが、チューターです。

チューターをする際、受験勉強の知識があったほうが良いことは確かです。実際、生徒は高学歴のチューターに聞いた方が答えてくれそうと思って質問します。

でも、受験勉強の知識が無くても「めっちゃ面白いチューター」「話してると元気になれるチューター」など色々需要はあるので、要はチューターは誰でもなれます!

仕事内容

仕事内容は、マニュアル的な作業クリエイティブな作業に分かれます。

マニュアル的な作業

  • 資料作成
  • 掲示物作成
  • 電話対応
  • 問い合わせ対応
  • 掃除

などがあります。

塾では、偏差値や勉強量、点数などたくさんのデータが溢れているのでエクセルを使って資料を作ってと言われることがあります。具体的に言えば、模試のランキングなどです。

電話対応は、新規の生徒を受け入れる窓口となります。

このように、塾の運営面でのサポートや環境作りの仕事をします。

クリエイティブな作業

  • 生徒のために問題プリントを作る
  • 生徒と面談する、相談にのる
  • イベントを企画する

生徒の苦手を把握して対策プリントを作ったり小テストをしたりすることがあります。例えば英単語のテストや年号暗記のテストなど。

僕の働いている予備校では、平日に必ず生徒と面談をします。そこでは、生徒の悩みを聞いたり、アドバイスをしてあげます。

具体的にいうと、週のスケジューリング、学校生活との両立や、過去問演習の開始時期などです。

また、色々な場面で生徒とコミュニケーションをとることも立派な仕事です。文化祭の話とかプライベートの話とかしょーもない話とかなんでも話します。

大学生の僕達にとっても、中高生と話せて、楽しいし若返ります笑

イベントの企画は具体的にいうと、夏休みに塾の中で合宿をしたり、センター試験前日に激励会をしたり、卒業式があったり、生徒が楽しめるようなイベントを企画します。

チューターバイトのメリット

色々スキルが身につく

エクセルやワード、パワーポイントのパソコン能力が身につきます。

こういう技術は就職してから必要になることもあります。チューターのバイトをしていたら使う場面が良くあるので最初は使い方がわからなくても段々とわかるようになってきます。

コミュニケーション能力が身につく

相手は高校生で、正直我々バイトスタッフに興味はないし、自分の勉強のことに意識があります。

だから生徒から話しかけてくることはほぼありません。

あったとしたらその子は天使のように感じるでしょう。

だからこっちから生徒が返事をしてくれるように上手いこと話さなければなりません。これが難しいです!!

「〇〇なんですか?」と聞いても「はい」としか答えない子は多いです。だからYES、NO疑問文ではなく具体的に答えさせるような質問をします。あと、きつい言葉をかけると生徒は殻に閉じこもるので絶対に言わないようにしています。

しかし、こういう難しさを経験するうちにコミュ力は非常に高くなります。

能動的に行動できるようになる

暇な時間があるときは、ぼーっとしていてもいいですがバイト代をもらっている訳なので何か生徒のためにできることはないかと考えて行動する時が多いです。

だから自分で能動的に行動する能力は自然と身につきます。

高校の勉強を再復習できる

チューターバイトは生徒から質問が来ることがあります。 その時に生徒に教えてあげると同時に自分も高校時代に学んだことを復習することになります。

これが意外と大学の勉強に繋がったりすることがあります。

JKと話せる

もちろんJKとの恋愛禁止ですが、女性と話す機会が少ない理系男子大学生にとって、JKと話す時間は癒しでございやす。。。。

あと女性と話す訓練にもなります。こういう事は話してはいけないのかとか。スイーツの話をしたら喜ぶのかとか。

f:id:kuutin:20180810001843p:plain

チューターバイトのデメリット

コミュ力がないと辛い

僕は元々コミュ障だったので、すごく辛かったです。

初めましての生徒に対して、「新しいスタッフのくーちんです!!」というだけなのになぜか言えなかったり、、、。今となっては、そこそこ話せるようにはなりましたが。

コミュ障を克服するためにやるのはありですが、その意志がない人は他のバイトの方が良いかもしれないですね。

デメリットは結構少ないと思っています。

塾講師のバイトみたいに予習する必要もありません!!

給料

時給は、大体1000円くらいが一般的だと思います。

家庭教師と比べると時給は安いですが、チューターは1日6時間とかまとめて入れるので、しっかり稼げて割りのいいバイトです。

シフトは平日固定が多いと思います。土日に模試の試験監督とかもあります。

全体として、働いている感想としては、

常に頭を動かすわけではないので、ラクといえばラクです。

生徒のためになることは何でもやるというスタンスなので、比較的自由度が高い仕事だと言えます。人のために何かしてあげたいなど、自分から能動的に働きたい人にはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です