大学生のための原付マニュアル

まず言わせてくれ、

「原付は便利すぎる!」

原付の購入を考えているすべての人へ

原付を所持するメリット

原付は自転車と比べてスピードが速いです。だから同じ10分でも行ける範囲が大幅に変わります。「自転車じゃちょっと時間かかるなあ〜」と思うような場所も原付なら数分で着きます。

これによって大げさに言えばあなたの世界が広がります。あなたの選択肢が広がります。

また自転車に比べて脚の労力もないのです。

授業にも間に合いやすくなります。

つまり、少しのお金を払う勇気さえあれば、かなり便利な生活に変わります。

ちなみに車を購入となるともちろんお金がかかるし、維持費もかかります。また大学や下宿先に駐車場がないところもあったりと色々と不便です。だから原付をおすすめしています。

バイク(250ccとか400cc)でもいいですが値段が高いです。お金の余裕があればバイクの方がスピード出せるし、かっこいいので買うと良いと思いますが、通学や自分の家の10km圏内あたりを移動するだけなら原付がベストです。

原付は恐くない、運転のポイント

原付は恐いというイメージがあります。

それは原付が自動車などに比べて事故件数が多いというデータを見せられたり、原付は危ないよという口コミや固定観念から来ています。

しかし、原付で20000kmぐらい移動した私から言わせればしっかり運転すれば事故は起きません。しっかり運転する人にも事故なんて起きてたら誰も原付に乗らないはずです。原付が事故が多いように感じるのは、原付に乗る人がいい加減な人が多いのではないでしょうか笑。

とにかくあまり怖がらないでください!

とはいえ、原付はちょっと危険です笑。では何が危険なのか?

危険ポイント①:煽られる

聞いたことがある人が多いと思いますが、原付は自動車によく煽られます。

煽られると言うのは、原付は出せるスピードが遅いので原付の後続の自動車がイライラして、車間距離を縮めてきたり、追い抜かしたりすることです。

原付は原則法定速度が30kmなので、自動車にとってはクソイライラします。私達原付ユーザーもそれはわかっています。

「後ろの人ごめんね、私が邪魔で。なるべく左に寄るから早く抜かしてね。」

こんな気持ちです。

自動車が抜かしてきそうならすぐ端に寄りましょう。

煽られるときは少し怖いです。しかし自動車の方もぶつからないように注意しているはずなので衝突することはありません。

(1回、私の肩と車体の間が5cmくらいの時がありました。あれはビビった〜)

→解決策:煽られるのは当たり前だと思う、当たることはないと思いこむ

解決策になってるのかな?笑。まあいいや笑。

危険ポイント②交通量の多い道路

交通量の多い道路はとても運転がしにくいです。

まず基本は自動車に煽られるので原付は左車線を走行するのが安全です。

しかし交差点で右折したい時など車線を変更しなければならない時が必ず存在します。

そういうときはミラーを凝視し、前方と後方に注意しながら車線変更します。

これが最初は怖い!!

でも慣れます。だから解決策:慣れろ!!

危険ポイント③雨の日

雨の日はいつもより運転に注意すべきです。

非常に滑りやすいからです。

まっすぐ走行するのは大丈夫ですが、決して「カーブを思い切り曲がる」「マンホールの上で曲がる」この2つの行為はしないでください。

こけます。

だから解決策:カーブで思い切り曲がらない、マンホールは極力乗らない

ワンポイントアドバイス

大学生が原付を所持する一番の理由は通学のためです。

つまり平日は毎日原付に乗って大学に通うわけです。しかし雨が降ったり異例のケースも起こることがあります。

ワンポイントアドバイスは

そういう異例のケースが起こったときにどうするのかあらかじめ決めておいたほうがいい!

雨が降ったときは、「カッパを着て原付で行く」か「公共交通機関を使う」か

決めておいてください。じゃないと、

「あー、大学行くのだるー、よしブッチしよ!」

ってなるからです。

免許の取り方

自動車の普通免許を取ったら、原付の免許も付いてきます。(バイクはNO)

だから教習所に通い普通免許を取ることが一番オーソドックスです。

でも原付の免許だけ取ることも可能です。しかもこれは1日で取れます。

原付の免許だけ取るには、免許センターに行って筆記試験に合格すればOKです。

合格すれば講習を受けられてそれで終了です。

筆記試験に合格するためには、ある程度勉強しなければなりませんが、本屋に売ってる原付免許の参考書を買えば余裕で受かります。

原付の値段

私はYAMAHAのJOGを新車で購入しました。色々合わせて19万くらいです。

そんな金ないよーという人は中古を買いましょう。安いのは3〜5万ほどで買えます。

しかし、安いのは走行距離が○万kmクラスなのでどこかしらが調子悪い可能性はあります。(エンジンの音がうるさいなど)

原付はいいイメージがあまりないのが残念ですが、私はめちゃオススメします。

運転の簡単さは自転車並みです。しかし、危険度は増すのでそこをしっかり意識すれば

より快適な暮らしになること間違いなしです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です